イケア、狭小部屋向け家具でNASAとコラボ

エスクァイア によると。

日本でも高い人気を誇るイケアが、なんとNASAと面白い企画を行っていました。

家具の素晴らしい未来がここにあります
 この夏のコラボアイテムといえば、「シュプリーム」と「クラークス」の新作サマーフットウエアも悪くはありませんし(すでにSOLD OUTのようですが、それだけに…)、「アウェイ」と「スターウォーズ」のスーツケースも間違いなく素晴らしいものです。
 
 とはいえ、今回紹介する「イケア」と「NASA」の新作コラボ家具シリーズは、今のところ一番クールなものだと言いたいのです。もちろん、「イケア」と「Off-White」のコラボも見逃せませんが…。
  
 イケアの開発チームが目指したのは、都市部に住む人々が暮らす狭小のアパートメントなど、小さな住居スペースに向けた家具のコレクションをデザインすること。彼らはユタ州にある、NASAの火星砂漠研究基地で調査を実施しました。
 
 この基地は狭い場所に住んだり、宇宙遊泳を行ったりロボットを制御したりなど、将来の火星での有人探査を想定した訓練が行われている場所です。他にも、同社の開発チームはコンパクトなスペースでの生活が一般的な東京でも調査を行ったとのことです。 
  
 この結果生まれたのが、あらゆる手狭なアパートメントに最適な家具からなる「RUMTID」と呼ばれるコレクションです。
 
 このコレクションには空気清浄機やテラリウム、間接照明、棚など含まれており、開発チームはテーブルやベッド、ソファなどに組み込める新たな配線システムもデザインしました。これらの家具を配置すれば、あなたの部屋は遠い未来に火星に移住した人類の生活スペースのように見えることでしょう。 
 
 RUMTIDは2020年に、4回に分けてリリースされる予定となっています。リリース時には毎回異なるテーマ(「時間」、「狭い空間」、「水」、「空気」の4つ)が設定されるとのこと。
 
 これらの製品のサステイナビリティや効率性について、今後さらなる詳細が明かされることを期待しましょう。ホームデザインのクールな未来が、ココにあります。

狭い部屋でも有効活用が可能です。Photograph / Courtesy of IKEA
イケアとNASAのコラボアイテム #1
こちらはとても軽くて、すぐに移動でき、さらに高さの調節も可能。そしてもちろん、組み立てが簡単にできる棚なのです。

間接照明アイテムの一つにいかがですか?Photograph / Courtesy of IKEA
イケアとNASAのコラボアイテム #2
こちらは、「水」をテーマにしたインテリア小物になります。宇宙アイテムをイメージしたデザインもあれば、部屋の間接照明として利用できるオシャレなものも揃っています。

アーティスティックなインテリアも欲しいところです。Photograph / Courtesy of IKEA
イケアとNASAのコラボアイテム #3
こちらは、少し変わったデザインの間接照明です。少し癒されたいときなどに、重宝されそうなアイテムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA