ユニクロが元エルメスデザイナーと契約5年延長。フェデラー、錦織ユニフォームもデザイン

BUSINESS INSIDER JAPAN によると。

ユニクロを世界展開するファーストリテイリングは、ユニクロ・パリR&Dセンターのアーティスティック・ディレクターを務めるクリストフ・ルメール氏との契約を5年間延長した。同時に、彼とサラ・リン・トラン氏が手がけるオリジナルブランド、ルメール(Lemaire)の株式を49%取得したことも発表した。

ルメール氏は、イヴ・サンローランやティエリー・ミュグレー、クリスチャン ラクロワなどでキャリアを積んだ後、1991年に自身の名前を冠したブランド、クリストフ・ルメール(2015年秋冬からブランド名をルメールに変更)をデビューさせた。2000年からラコステのアーティスティック・ディレクターを務めた後、エルメスに抜擢され、2011~2014年までウィメンズ・アーティスティック・ディレクターとして活躍した人物だ。
仕立ての良さに着心地の良さを
ユニクロとは2015年秋冬シーズンからコラボコレクション、ユニクロ アンド ルメールを発売し、過去のデザイナーズコラボレーションの中で最大の成功を収めている。

ルメール氏は日本以上にヨーロッパやファッション業界人の間で知名度や人気が高く、ユニクロのブランディングに寄与した。

それ以上に彼の功績は、仕立てのしっかりした服をリーズナブルな価格で提供してきたユニクロが、シンプルなのにモダンエレガントな新しいシルエットを実現し、着心地の良い本物の服作りができるようになったことだ。

彼は「あらゆる人の日常生活に寄り添った、クリエイティブで、快適で、質の高い洋服を作る」というユニクロが掲げる哲学やモノづくりに対する姿勢に共感。2シーズンのコラボを経て、パリのR&Dセンターのアーティスティック・ディレクターに就任したのも、ルメール氏本人からの申し出だったという。新たに“The Future Of LifeWear”をスローガンに掲げるパリ発信の「UNIQLO U(ユニクロ ユー)」ラインを2016年秋冬からデビューさせるとともに、ユニクロ全体のディレクションも担っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA