浅田真央、子どもらにコツ伝授「四つんばいになって足を立てる」など

毎日新聞 によると。

 フィギュアスケートのバンクーバー冬季五輪銀メダリストの浅田真央さんが21日夜、甲府市の小瀬スポーツ公園アイスアリーナで、6~13歳の子どもたち約50人にスケートを教えた。

 浅田さんがプロデュースし、同所で22、23日に開かれるアイスショー「浅田真央サンクスツアー」の関連イベント。浅田さんは、子どもたちに「上体と膝を前に出す」と氷上の歩きのコツを教え、「四つんばいになって足を立てる」などと転んだ時の対処法も伝えた。

 浅田さんは「子どもたちの成長の早さには驚かされる。自分たちの目標や夢をかなえてほしい」と話した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA