羽生結弦、新SPの“先輩”ウィアー氏も絶賛「『秋によせて』はユヅクンのものに」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ)は21日、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(ANA)が97.74点で首位。スピンが0点になるミスがありながら貫禄を見せつけた。平昌五輪以来となる演技をIOC運営サイト「オリンピックチャンネル」が動画付きで公開するなど、さすがの注目度を見せているが、今回の新プログラム「秋によせて」を過去に使用していた羽生の憧れ、ジョニー・ウィアー氏(米国)も「『秋によせて』はユヅクンのものに」と手放しで絶賛している。

 さすがの貫禄だった。平昌五輪以来となる公式戦。羽生は大注目の中、リンクに現れた。冒頭の4回転サルコーを完璧に着氷。一気に会場を惹き込むと、得意のトリプルアクセルも決めた。連続ジャンプがやや乱れ、スピンにミスもあったが、それでも堂々の97.74点で首位発進。まずは上々の滑り出しとなった。

 注目度も王者らしいものだ。「オリンピックチャンネル」は羽生の単独インタビューとともに、美しく4回転サルコー、トリプルアクセルを決めた瞬間などを動画付きで公開。世界のファンを魅了させていた。さらに、今回選んだ「秋によせて」はトリノ五輪5位のウィアー氏がかつて滑った曲。憧れの人も手放しで羽生に賛辞を送っている。
ウィアー氏「ユヅル・ハニュウの見事なシーズンデビュー」
「『秋によせて』はユヅクンのものに。オリンピックチャンピオン、ユヅル・ハニュウの見事なシーズンデビュー。得点は97.74。素晴らしい衣装、柔らかさ、スタイル、移り変わり、そしてハート。ジェフリー・バトルもエクセレントな手腕だ!」

 自身のツイッターでこうつづり、高く評価。「秋によせて」が羽生のものになったと認めた。それに返信する形で、平昌五輪団体銅メダルのアダム・リッポン(米国)も「君の演技は常に僕のお気に入りだし、ユヅのも、ただただとても素晴らしかった」と両者に敬意を払っていた。

 今季初戦をまずは順調な船出を切った羽生。また王者の滑りを見られる。世界のファンに多くの幸せを与えながら、新たな高みを目指す日々が始まった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA