変幻自在!プロのおすすめするニトリのカラボ活用法!

サンキュ!によると。

3人のママであり、整理収納コンサルタントとして活動する小堀愛生さんのおすすめのカラーボックスはニトリ「カラーボックスカラボ A4-3段」!¥1,490(税込)というお値段も魅力ですが、おすすめの理由は「追加棚板やインボックス、キャスターなどが豊富で様々な用途に合わせて組み替えることができるから」と。小堀さん宅の使用例やお勧めの使用法を伝授いただきました。

フタの開けしめ自在!ランドセルラック
フタの開けしめ自在!ランドセルラック
カラーボックスの天板(最上段の棚板)をつけずに組み立てればランドセルラックに早変わり!フタの開け閉めも楽々です。余った棚板は中央部に設置し、ハンカチなどの小物を入れる薄い引き出し用に1段プラス!

幼稚園児にぴったり!スモッグや制服もかけて収納
「カラーボックスカラボ A4-3段」は通常のカラボより少し背が高く107㎝。その長身を活かして園児の制服などを掛けられるよう、均等3段でなく上2段は棚板で仕切らず長さのある服などが入るように。あまった棚板は残りの段の真ん中の高さに設置。細かいものを入れる引き出しを2段作ることができます。洋服を吊るす部分には突っ張り棒をつけましょう!幅41.9㎝に合わせて突っ張り棒(100均がオススメです)を用意しましょう。

また写真の様に年少さんの小さな頃はスモッグも小さめなので上部に引き出しをもう一段追加し、ママが管理するモノを入れてもいいですね。

棚板は別売で購入できます。「【42cm幅用】カラーボックスカラボ 追加棚板」¥349(税込)を使えばハンカチや体操着、靴下や下着など持ち物にあわせて無駄なく空間を仕切ることができます。

インボックスが豊富でさらにねじ止め無しのキャスターも販売しています。一緒に揃うし「カラーボックス2段・3段専用貼るだけキャスター4個入」¥999(税込)で、耐荷重はなんと約60Kg!とっても丈夫。
日用品をコンパクトに収納するにも便利!
コーヒーや紅茶などのドリンク類などを置いて、ドリンクコーナーを設けたり、タオルや掃除用具などを一か所で管理したり……暮らしにまつわる必需品をニトリのカラボならばしまいたいモノに合わせてボックスや棚板枚数を選ぶことでより使いやすさが出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA