疲れて帰った夜でもできる「10分リセット掃除」で、気持ちいい毎日を!

サンキュ!によると。

朝起きたとき、部屋が散らかっていると、気分が沈みますよね。家事や育児、仕事などでぐったり疲れた日でも、就寝前の「10分掃除」を日課にすれば、翌朝、気分よく1日をスタートできます。

就寝前の「10分掃除」スタート
●テーブルの上にあるものを1カ所に寄せる
*所要時間50秒

テーブルの上を何もない状態に片づけるのはハードルが高くても、物をテーブルの端に寄せるだけならあっという間!1カ所にまとめるだけで、見た目の散らかってる感〞を解消できます。

●リモコンなどをテーブルの角にそろえて置く
*所要時間10秒

リモコンやティッシュなど、常に手に取れる位置に出しておきたいアイテムは、テーブルの角のラインにそろえて並べるのが整ってる感〞を出すコツ。トレーや浅いカゴにまとめるのもいいアイデア。

●食器を洗う
*所要時間6分
疲れていても、夕食後の食器だけは洗って就寝を。そのかわり、シンクや排水口掃除は翌朝に回してOK。シンクを何もない状態にすることで、翌朝の掃除がしやすくなります!

●気になる所に3分間だけ掃除機をかける
*所要時間3分
食べこぼしが気になるダイニング、髪の毛が落ちている洗面所など、気になる場所だけ3分間掃除機をかけておきましょう。毎日掃除したい、汚れやすい場所(洗面所など)に掃除機を置いておけば、翌日もスムーズに掃除に取りかかれます。

掃除は1日仕事だと思っていませんか? でも、毎日ほんの数分の片づけや掃除を重ねていけば、大仕事にならなくてすむんです。10分リセット掃除を習慣にして、汚れをためこまない家を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA