世界最大の「無印良品」、初の食品売場設置で想定以上の集客、生活雑貨にもシナジー効果

食品産業新聞社ニュースWEBによると。

全世界で700店舗以上を展開する「無印良品」に今年3月、食品売場を設けた初の店舗「無印良品イオンモール堺北花田」(大阪府堺市北区)が誕生した。産地から直送する丸物鮮魚は圧巻の品揃えで、フードコートでは週末200杯売れる海鮮丼をはじめ、店内で販売する惣菜やグロサリーを食べて帰ることも可能だ。店内では自家製のヨーグルトまで作っていたが、9月末から冷凍食品の販売も開始した。デイリーの食を導入することにより、生活雑貨の売上も2~3割増とシナジー効果を発揮している。

同店舗は、約4300平方メートルの世界最大の「無印良品」だ。地域に密着した新しいビジネスモデルを探る中で食の分野に参入。生鮮3品や惣菜、フードコートを備えた食品売場を約400坪設けている。平均滞在時間は20分を超え、50~60代の来店客は通常の「無印良品」の約1.5倍と、客層を広げることにも貢献している。「無印良品イオンモール堺北花田」の松枝展弘コミュニティマネージャーは、「ローカルと食は切り離せない。地方ほど生産者と関係が深く、都会ではできないことを行いたい」と意気込みを語る。

松枝展弘コミュニティマネージャー
〈農産は近隣の農家から直接仕入れ、店内で自家製ヨーグルトも〉
――食への参入について

これからのリテールの可能性、あるべき姿を考えた時に、地域でどういう店をつくるかが課題だ。ローカルで事業を行うには食は欠かせない。地方は生産者との関りが深く、生産者と一緒になって店づくりを行うことができる。食をきっかけにして、ライフスタイル分野にもシナジーを出す。食はデイリーなので来店頻度が高く、ついで買いによって掃除用品や収納用品など生活雑貨の売上も2~3割増になっている。

――売上構成について

食品と非食品の売上比率は50対50で、食品は生鮮3品(青果・精肉・鮮魚)で7割を占める。一番売れているのは、寿司や海鮮丼を含めた鮮魚だ。グロサリーは、今後学んで変更していく。素材を大事にしたよりいいものを選んで並べていきたい。たとえば水ナスの漬物はこの辺りの名産品だが、実は着色料を使っている。着色料なしで作ってもらうと大ヒット商品になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA