羽生結弦「きょうはプルシェンコさんの誕生日なので」…首位発進で皇帝祝福

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会第2日(3日、ヘルシンキ)男子ショートプログラム(SP)で、五輪2連覇の羽生結弦(23)=ANA=が今季世界最高の106・69点で首位発進した。田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=は80・60点で7位だった。

 --首位発進

 「完璧ではない。反省点がある。100点を超えられたので、少しはホッとしている」

 --今季はルールで変更点が多い

 「いろいろなルールの中で勝てる演技を考えていた」

 --4回転サルコーは

 「納得できるジャンプだった。フリーへしっかり調整したい」

 --「秋によせて」は

 「自分がやりたいと思ってやったプログラム。自分が表現したいことができた。きょうはプルシェンコさんの誕生日なので、気を引き締めてがんばりたい」

 --フリーへ

 「いい調整をしてきたので、自分のことを見つめ直して、地に足をつけて氷に足をつけてがんばりたい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA