ユニクロのアウター、彼・ダンナに買ってはいけない&おすすめアイテム

女子SPA! によると。

 ダンナさん・彼氏の服を選んであげる女性も多いでしょう。そこで今回は、ユニクロで買うべき・買ってはいけないメンズアウターをご紹介します。12月のプレゼントの参考などにもどうぞ。(価格は税別、画像は公式オンラインショップより)

◆買ってはいけない:長過ぎると「草野球のコーチ」に

●シームレスダウンロングコート 17,900円

 ユニクロ得意の無縫製ダウンは例年3タイプあります。こちらのロングタイプ、お尻あたりでとまるセミロングタイプ、それと一般的な短丈のショートタイプの3種類。ダウンジャケットは防寒性が高い代わりにどうしても「野暮ったさ」がついて回ります。モコモコの風合いとアウトドアライクな短丈、キムタクでもなければなかなか格好良くスタイリッシュに着ることは難しいもの。

 そこでユニクロが展開するのがセミロング&ロング丈バージョンです。コート風の着丈にすることでダウンジャケットの野暮ったさを払拭、またユニクロお得意の無縫製仕様によりモコモコ感も極限まで消してスタイリッシュに見せています。

 この理屈で言えば当然「ロング丈」がオススメなのですが・・・試着してみると分かるはず。過ぎたるは及ばざるがごとし、何事もやりすぎは禁物です。セミロングはまだコート感があるものの、ロング丈の場合は長過ぎて「草野球のコーチ」にしか見えません。店頭に行った際には是非試してみてください、着丈ひとつでここまで印象が変わるのかと理解できるはずです。

 選ぶならセミロング丈がオススメ。セミロングはちょうどよくジャケットの着丈を隠してくれるのでスーツの際にも問題なく活用できます。ダウンですから長く使うもの、失敗しないようにセミロングを選ぶのがオススメです。

◆買うべき:スタイリッシュな体型作りから考える

●スウェードタッチリブブルゾン 5,990円

 首回りにボアをつけたブルゾン。このボアがポイント、顔まわりにボリューム感があるため対比効果で顔が小さく見えます。

「何を着ても格好良く見えない」「なんだかパッとしない」原因は「体型の見せ方」に問題がある場合も。モデルさんが何を着ても似合うのは、顔がかっこいいからではありません。同じ日本人、似合うとか似合わないとかそこまでイメージが偏ることは考えられません、それよりも問題は体型です。体型が綺麗に見えるとどんな洋服もスタイリッシュに感じられ「似合う」気がするもの。

 そして体型を綺麗に見せる肝は顔の大きさです。顔が小さく見えると対比で手足が長く感じられるためスタイリッシュに見えます。モデルの採用基準の絶対条件は「イケメンかどうか」ではなく「顔が小さいこと」です。これは洋服が似合うか似合わないかを分ける最大の要因です。

 そこで視覚効果で顔を小さく見せることが大事。顔の周りにボリュームのあるボアがあるこちらのアウターは、パッと羽織れば「あれ??」と思うくらいスタイリッシュに感じるはず。「なんかいつもパッとしない」そんな風に思う人はこれを着せてあげましょう。一気に印象が変わるはずです。

◆買ってはいけない:洋服は「単品」ではなく「全体」を考える

●プリントフリースフルジップジャケット(長袖) 1,990円

 ダンナさんや彼氏さんにプレゼントする場合、禁物なのが「デザイン単品で判断してしまうこと」です。洋服はコーディネート全体で判断されるもの、いかに単体でカッコ良いデザインのスニーカーだろうと、いかに単体でかわいらしいフリースのデザインだろうと、全体の印象が整わなければ評価はされません。プレゼントしたり、見立てる場合、ついついここがおろそかになってしまい「デザイン単品でかわいいもの、かっこいいもの」を選んでしまい大失敗してしまいます。

 今年はボアやフリースがトレンドであり、また無地よりも今年は柄モノが多く展開されています。単品で見るとこちらのフリースジャケットも「かわいい」のは間違いないですが、普段の旦那様や彼氏さんの着こなしに当てはまるか考えてみましょう。

 チノパンやデニムパンツ、スニーカーなどカジュアルな服装が多い方には要注意。こうしたデザインが入ったカジュアルなボア素材を選んでしまうと「受験生」か「田舎のおっさん」になってしまうかも・・・。

 プレゼントする際はバランスを考えて、「普段カジュアル系の着こなしが多いなら、少しカッチリとしたドレスライクなもの」「普段スラックスや革靴などの着こなしが多いなら、少しカジュアルな崩したもの」を意識すると着こなしに当てはまりやすくなります。

 日本人男性の多くはデニムやチノやスニーカーを好むカジュアル族ですから、こうした柄と色をふんだんに使ったアイテムはできれば避けた方が無難です。

◆買うべき:柄を使うなら大人っぽいアイテムで

●ツイードジャケット 7,990円

 柄モノを選ぶにしてもこうしたクラシカルなアイテムが大人っぽく見えるためオススメです。ツイードなどで表現した織り柄はチェックなどと異なり落ち着いた印象。加えてこちらはジャケット型で大人っぽい、柄物でもやんちゃな印象はありません。

 ツイードはどうしてもおっさんくさい印象がついて回りますが、こちらは着丈が短く、肩パッドなどの芯がないコンパクトなシルエット。同じツイードで肩パッドが張って、スーツのように着丈が長いと途端におっさん感が強くなりますが、これなら問題なし。いつものインディゴデニムなどに合わせてもドレスライクでバランスがとりやすくおしゃれになるでしょう。防寒性も高くおすすめ。

 以上、ユニクロのアウター、彼・ダンナにおすすめ&買ってはいけないアイテムでした。ぜひご参考に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA