100円ショップライフ…買って後悔したものはありますか?

サンキュ! によると。

「食品ラップ」は魅力的だが使い心地に難あり
100円ショップで売られている食品ラップの中には、「国産」と「無添加」を謳っているものがあります。こちらの商品、その謳い文句を見る限りとてもよい商品に思えるのですが、実際に使ってみると「耐熱温度が低く」て「ラップが切りにくい」という不満が感じられることに。

耐熱温度が低いと、レンジで利用する際にラップが溶けないよう注意が必要ですし、しかも薄くてやわらかいために切りにくい。使う頻度が高いアイテムだけに、イライラしてしまいます。

日本製で無添加なのは魅力的なのですが、上記のような理由から100円ショップの食品ラップは使っていません。

「雨具(傘・カッパ)」は使い捨て感覚での購入ならアリ
台風がくる前日に「傘だと吹き飛ばされるかも」と思い、100円ショップでカッパを購入して通勤バッグに入れて準備したことがあります。コンパクトなのでカバンに入れてもかさばらず、その時点ではよろこんでいたのですが……いざ使ってみると、めちゃくちゃビニールが薄い。そりゃ、コンパクトに収まるわけです。

さらに体温をにがす空気穴もないので、大雨の中を10分も歩くと雨と体温で、身体がベタベタになり、なんのためのカッパなのかワケわからん状態に。ビニール傘もカッパ同様「ビニールうすっ!」「傘の骨ほそっ」という感じでした。

100円ショップの雨具は、いちど限りの「使い捨て」感覚で購入しないと後悔するでしょう。

本当にお得なのかどうかに注意
「お菓子・レトルト食品」は本当にお得なのかどうかに注意
最後は、私がいままでに何度も後悔してきたものをご紹介。それは100円ショップのお菓子やレトルト食品です。理由は価格面での後悔。だって同じお菓子が、スーパーの特売などで「98円」で売っていたりするんですもの! 見た瞬間「ガーン……」という感じです。

有名メーカーのお菓子やレトルト食品は、スーパーの販売価格をチェックしてから購入するのがおすすめです。また、価格だけでなく内容量も確認しましょう。同じ商品でも100円ショップ専用商品というものがあって、内容量が少ない場合もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA