ユニクロがまるで別物に…「去年のコート」をアップデートする方法。

週刊SPA! によると。

 洋服は毎日着倒せばすぐに飽きてくるもの。昨年、奮発して買ったコートがあるけど、もう新鮮味もなく、どうもおしゃれに感じない……そんな経験があるのは私だけではないはず。今回はそんな「去年のコートをアップデートする方法」をお教えします。

◆ジャージを用い、バランスを調整

 まずはStyle1。このコーディネートはほとんどの日本人がやっていないけど、海外ではテッパンの組み合わせ。ぜひ試してみてください。ドレスライクなコートの中にスポーティなジャージを合わせてバランスを取る着こなし。イギリスの名門であるバーバリーでも、コレクションにてトレンチコートの中にジャージを合わせるスタイルを提案しています。これが思った以上に相性抜群。

 黒コートの地味な印象はジャージのカラフルな切り替えでカバーできます。「仕事帰り」のようにも見える黒コートのカッチリ感もジャージのラフな印象で払拭できるというわけです。また、ドレスライクなコートほどバクッと胸元が開いたデザインが多いですが、ジャージの襟高で防寒性も担保できるので機能面の補完もバッチリ。ジャージは古着でもスポーツブランドでも何でもOK、できれば派手な色のほうがおしゃれに見えます。

◆ボディバッグで素材の印象を強調

 Style2は安物コートを高級品に見せる方法。ツイード素材のバッグを目立つ位置に持ち、コートの安っぽさを隠しちゃうテクニックです。ここで使っているコートもユニクロのもので、大した値段はしませんが、このバッグを使うと、まるで別物に見えるから洋服は面白い。

 コートはウールに似せたポリエステルでもバッグだけはツイードなどの天然ウールを使うと一気に高級品のように見えます。天然ウールと言ってもバッグの面積程度ならさほど値段も高くはありません。リュックなら背中にあるためイマイチ目立ちませんが、ボディバッグなら体の前面を隠すように配置されるので、高級素材が強調されます。

◆デニムで大胆にカジュアルダウン

 Style3はビジネス用に買ったコートを日常着にするテクニック。そうしたカジュアルダウンにはインディゴデニムがベストマッチ。薄手の色落ちした素材を選ぶことで、コートのカッチリ感はすっと消えてくれます。ただし、野暮ったくなりすぎないようにシルエットは細身がおすすめ。ロールアップなどですっきりとした裾まわりをつくると、さらに形はきれいに見えますよ。ぜひご参考に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA