ユニクロの新作ダウンを“スーツの内側”に着るべき絶対の理由

bizSPA!フレッシュによると。

 いまだにスーツ着用が義務化されている企業も多い一方、IT企業を中心にオフィスコーディネートのカジュアル化が進んでいます。なかにはジーンズやTシャツでもOKという企業もあります。
 そこで、今回は職場に履いていきたいジーンズと、これからの季節に1着は持っておきたいダウンについて、服のコンサルタントである私が“プロ目線”でお伝えします。
イメージを覆す、ユニクロ「EZYジーンズ」
 突然ですが、ジーンズと聞いてどんなイメージを思い浮かべますか?
 昨今では伸縮素材のポリウレタンが使用されているものもあるとはいえ、生地がごわつく・かたい・重い……というイメージを持っている人も多いでしょう。
 確かに生地が馴染むまでは時間がかかるジーンズもかつてありましたが、そんな従来のイメージを覆すと言われているのが、ユニクロの「EZYジーンズ」。
「ユニクロジーンズ史上最も快適なはき心地!」のキャッチコピーで展開されていますが、本当でしょうか? 今回はこちらの完成度と、職場でのコーディネート術を確かめてみます。
EZYジーンズはどう着こなすべきか

EZYジーンズ¥3990 +税

 カジュアルなジーンズとは言え、ビジネスライクなコーディネートをしたいところ。ブルーやネイビーはカジュアルのイメージが強いため、カラーはフォーマルのイメージのあるブラックを使用します。
 起毛素材のジャケットでグレーのヘリンボーン柄を使用。シャツはジーンズに合わせたカジュアルなオックスフォード生地でホワイト、ネクタイはニットタイでネイビー、そしてブラックのEZYジーンズに、ブラックのスウェードの革靴。
 このようなビジネスライクなコーディネートをしていますが、ジーンズはスウェットのような履き心地なため、見た目の印象からは想像できない快適さがEZYジーンズでは実現可能です。

EZYジーンズのデメリットは「後ろのポケット」

コーディネート例
 かっちり決めることもできますが、生地感や履き心地はほぼスウェットです。
 地厚のジーンズに比べると生地が柔らかいため、後ろのポケットにスマホを入れるなど、ポケットに物を入れると生地が重みで下がって伸びているのが気になりました。
 ポケットに物を入れないのがスマートですが、あまりにも快適すぎて通常のジーンズの代わりに使用するとすれば、この点で注意が必要です。
朝晩の冷え込みに「ウルトラライトダウン」の新作

ウルトラライトダウンコンパクトVネックベスト ¥3990+消費税

 続いて、これからの季節に1着は持っておきたいダウンについてご紹介します。
 従来のダウンは着ぶくれする代わりに、使用されている中綿やフェザーでかなり暖まることができました。しかし、ここ数年、ジャケットやコートのインナーとして着ぶくれしない薄手のダウンを着用する「インナーダウン」が浸透しています。
 各ブランドから展開されていますが、特にユニクロの今期の「ウルトラライトダウンコンパクトVネックベスト」は、インナーダウンとしておすすめです。
 その理由は、「Vネックの深さが2段階で調節可能」となったため。
 オンオフ兼用で使用でき、コーディネートの幅がぐんと広がったからです。実際に着てみるとどうなるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA