無印良品による民具をテーマにした「民具 MINGU展」

タブルームニュース によると。

2018年12月14日(金)から2019年1月14日(月・祝)まで、東京・六本木の「21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3」にて、「民具 MINGU展」が開催されています。
無印良品を企画・開発する良品計画による「民具」をテーマにした展覧会。無印良品の商品と民具、双方が展示されています。
本展示は、デザイナーで日本民藝館館長の深澤直人氏がディレクションし、同ミュージアムで開催中の「民藝 MINGEI –Another Kind of Art展」に合わせて企画されました。
「長い時を経て庶民の日常を支えた生活道具」という意味の「民具」。財界人で民俗学者でもあった渋沢敬三氏によって昭和初期につくられた言葉です。
一方で、使い手としての生活者の立場に立ち、商品のあるべき原点を今一度見直そうと生まれた無印良品。
それぞれを並べることで、無印良品の商品が現代の民具になり得ているか、また、そもそも現代における民具とはどのような物なのかを問いかけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA