無印良品のコットンバッグが水と汚れに強くて高収納力で最高

ライフハッカー[日本版] によると。

無印良品のコットンバッグが水と汚れに強くて高収納力で最高
寒い日の幸せ、銭湯に行ってホッカホカにあったまること。

だけどそんなときにちょっと困るのが、銭湯グッズを入れる持っていくバッグです。

布製のバッグだと、濡れたタオルを入れておくのにちょっと不衛生だし、ビニール袋だとあまりに不恰好…。

バスタオルも着替えも入れられて、水や汚れにも強い、そんなバッグが欲しい…。
無印のトートがおすすめ
そんな時には、無印の「オーガニックコットン トートバッグ」が最適。

このバッグ、持ち手にはレザーがあしらわれ、生地にはオーガニックコットンが使用されています。

コットンには撥水加工が施されてあるので、体をふいて濡れたタオルを入れておいても安心!

水性の汚れにも強いので、銭湯はもちろん、汗をかいて汚れた衣類を入れるジム用のバッグとしても重宝しそう~。
たっぷり入る!
タオルやら着替えやらボディウォッシュやらで、なにかと荷物が多くなってしまう銭湯。こんなにたくさん、トートバッグじゃ収まりきらないよ~!

と、思いきや、意外にも全部入ってしまいました。おや…?
その秘密は!?
収納力の秘密は、バッグの底にしっかりついたマチ。このマチのおかげで、バスタオルや着替えを入れた時に底のスペースが広がり、アレコレすっぽりと入ってくれます。

床においたとき、マチのおかげでバッグが自立してくれるのもうれしいな~!
レザーの持ち手がかわいい
持ち手の表面は、牛床革(裏面は合成皮革)。

銭湯用のバッグにちょうどいい抜け感と、安っぽすぎないデザインのバランスが絶妙じゃないですか?長さもたっぷりあるので、肩にかけるのもラクラク!幅も広く、重い荷物もしっかり支えてくれそうです。
残念なところ:ポケットの数が少ない…
唯一残念だったのが、ポケットの数が少ないところ…。

ポケットは内側にひとつついているのみで、この大きさのバッグにしては、ちょっと少なくないかな~!

まあ銭湯にいく目的なら、ヘアゴムやクリップを入れておけるスペースさえあれば十分なのだけど。
チャック付きがうれしい~
このトートバッグ、チャックつきなのもうれしいポイント。

脱いだあとの衣類も全部隠してくれるから、人にも見られず安心です。雨の日や、汚れてしまいやすいアウトドアに持っていくのもおすすめですよ!

まだまだ寒い日が続くけど、このバッグを携えて、ガンガン銭湯に行くぞ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA