クリスマスの飾りつけの新定番!100均の材料でつくれる「クレイケーキ」

magacolによると。

関西の中でも子育てしやすい地域として知られ、小さな子どもがいるファミリーが多い生駒市に住む岩城さんと岩越さんと岡本さん。このエリアには子どもの記念日やイベントには素敵な写真を残したいと望むママさんが多いとか。写真教室を手掛ける岩城さんのレッスンも盛況で、記念撮影の際に場を華やかにする小道具として「クレイケーキ」をよく使います。

パーティの飾りつけにぴったりの「クレイケーキ」って?
「クレイケーキ」とは、粘土を土台の箱に貼りつけてつくるフェイクケーキです。「本物のケーキではないのでお子さんが触ったり落としたりしても大丈夫!」(岩城さん)。
誕生日ケーキはもちろん、デコレーションを工夫すればクリスマス仕様のケーキもつくることができます。本物と違ってずっと置いておけるので、今年のクリスマスはツリーと一緒に飾ってはいかがでしょうか?

100均アイテムで手軽につくれる
材料
紙ねんどのホイップクリーム(白)、ふわっと軽いねんど ホワイト、ボンド 木工用50g、 パテ用プラスチックヘラ 三角セット3本組 各¥110(ダイソー)、丸型ボックス(読者私物)
つくり方
【1】大小のペーパーボックスの表面にボンドを塗って紙粘土をのせます。手でのばしてなるべく均一な厚さになるよう貼りつけていき、ケーキの土台をつくります。

引用元:Mart
【2】さらに仕上げ用の紙粘土をのせて、ヘラでホイップクリームのようにのばしていきます。ケーキらしい見た目にするため、縦の塗り跡を入れることを意識してのばしましょう。

引用元:Mart
【3】2段の場合は大小の土台を張り合わせて、ドライフルーツや木の実、造花、リボンなど、好きなデコパーツで飾りつけてボンドで固定します。メインになるパーツを決めて置いてから、周りのパーツでデコレーションするのがコツ。

パーツをはがしても紙粘土で補修できるので、後でアレンジも可能です。
「小さなツリーやサンタクロース人形、赤い実などを飾るだけでクリスマスらしい雰囲気に。赤や緑のパーツを加えればクリスマス感がアップしますね」(岩越さん)

写真映え間違いなしのアニバーサリーケーキも!
色んなデコパーツを使えるクレイケーキは本物以上のかわいさ。誕生日などのアニバーサリーケーキはパーティの雰囲気や記念写真をおしゃれに演出してくれます。

「丸型のほかに四角の箱を使ってケーキをつくることもできるし、色つきの紙粘土をアクセントに使ってもカラフルでかわいいかも」(岡本さん)
粘土を貼って伸ばしてパーツを飾るだけの簡単な工作なので、小さな子どもと一緒につくることができるのも魅力的。今年のクリスマスはケーキをハンドメイドして、部屋のデコレーションをパワーアップして気分を盛り上げて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA