箱収納はメリットだらけ。子育て中の家庭こそ便利な理由

ESSE-onlineによると。

色や大きさの異なるボックスをうまく組み合わせて、リビングのきれいをキープ!
収納スペースがたりないのは、万年の悩み。だからといって大型の収納家具を買うのはお金もかかるし、失敗するリスクもあります。

3人の子育て中でも片づいた家のために、あえてやめたこと

そこでおすすめしたいのが、ボックスを使った収納術。ライフスタイルやインテリアのテイストに合わせて、手軽に変えられるボックス収納なら、ポンポンものを入れるだけで、無理なく家じゅうすっきり。上手に使いこなしている読者・Sさんの自宅を取材しました。
お家がおしゃれにすっきり。ボックス収納のメリット3つ
中身や置き場所を簡単に変えられるボックスは、インテリアと収納を両立できる心強いアイテムなのだそう。「ボックス収納」のよさを教えてもらいました。

●家族や暮らしの変化に対応しやすい

家具はなかなか変えられなくても、箱なら気軽に増やす、減らす、位置移動が可能です。今回取材した読者のお宅も数年前は上の写真のような配置でしたが、子どもの成長とともに変化していったのだそう。

●ものに合わせて自由に収納できる

ゴチャつくものはフタつきの箱で隠したり、部屋のあちこちで使うものなら運びやすいよう持ち手つきの箱に入れたりと、ものに合わせた箱のチョイスで使い勝手をアップ。量や大きさに合わせて箱のサイズも変えます。

●インテリアとしても楽しめる

雑貨店やインテリアショップには、さまざまな色・素材・形の箱がそろっていて、インテリア的にも楽しめるものがたくさん。
「昔ながらの工具箱などもデザイン的に優れたものがあり、意外と部屋にマッチします」
リビングがボックス収納で素敵空間に!しっかり収納できて圧迫感なし
Sさんのお宅は、リビングの入り口に縦横2mを超すサイズのオープン棚を設置し、さまざまなサイズや色の箱を上手に組み合わせています。圧迫感なくすっきりおしゃれに見える箱遣いのテクニックを教えてもらいました。

●あえてカラフルな箱を選んで色合わせを楽しむ

色のある箱を多用することで、おしゃれ感がぐっと増します。
「息子の好きなグリーンや青をアクセントにしたいと思い、イケアやD&DEPARTMENTで少しずつそろえました。色ごとにまとめて、縦や横に並べて置くとうるさくないですよ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA